2018年12月14日金曜日

1960s Red Coat(12/14)





東京もすっかり寒い日が続き、

当たり前のようにウールのコートを羽織る季節になりましたね。

アウター1着についつい頼ってしまいがちになりますが、

マンネリ化を解消したい方には、カラーコートがおすすめです。


何度もブログでお伝えした通り、

今年はアウターが充実していますので続々と入荷しています!



本日は寒い冬空に映える真っ赤なコートを使った

スタイリングをご紹介します。





写真では伝わりにくくなりますが、

生地はツイードのウールコートです。




昨日のブログでご紹介したコートは袖が短めでしたが、

こちらは手首まで隠れる長さです。



冬のコートと言えばウールやカシミヤが定番ではありますが、

ツイード織りは多色使いをよく見かけますが、

1色の糸で織られた事によって、

生地の表面に凹凸があり、気品ある一品に仕立てられています。

代表的な秋冬の生地の一つです。




1970sのマキシスカートは、

黒地に繊細なシルバーのラメ糸のボーダー駆使した一品で、

華やかさを演出してくれます。




黒に赤、そしてシルバー。

さらに手元に小さめの黒のベルベットのパースを合わせる事で、

クリスマスの装いを意識しました。





黒のフェザーニットはレディースフロアより拝借。

耳元には1960年代の特徴的なビーズ

ビーズのイヤリングで煌びやかに。




それでは本日も皆様のお越しをお待ちしています。




HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------
Web http://haightandashbury.com


HAIGHT & ASHBURY