2018年11月23日金曜日

Dress Fair -Color dress-(11/23)


D r e s s  F a i r


昨日のブログで告知した通り、

本日よりアンティークルームはドレスフェアーを行います。

結婚式や二次会、卒業式や謝恩会、



年末年始はイベントやパーティーで

日替わりでドレスが必要な方にも、

デイリーに楽しみたい方、

今回は1930年代〜1970年代頃の幅広いドレスを扱い、

様々な場面で活躍するドレスを提案します。




ピンクにベージュ、イエロー

チュールを重ねてなんとも言えないマーブル模様を描いたようなドレス。


まるでクラシック映画から飛び出てきたかのような

1950年代のヴィンテージです。

織柄が美しいシルクの生地。

コルセットのようにぴったりとしたお作りですが、

胸元にチュールをふんわりと重ねています。




幻想的なチュールは着丈が少し短いのも嬉しい。

花嫁さんの二次会用やカジュアルなパーティーでもおすすめします。


もちろん一枚では今からの季節は着られないので、

フェイクファーのコートを纏ってみてはいかがでしょうか。


たっぷりとした大きな襟。

同じ年代のコートであれば、

裾に向かって広がる形になっているので、

ドレスに重ねても自然ですね。


そして手元にはメタルメッシュのパースを添えて。


お次はこちら。

優しいミントグリーンのドレスは、

シーズン問わず、自分らしさを大切にしたい方へ。

ヘイトのお客様は、

色にこだわりの強いヴィンテージラバーも多いので、

デイリー着では見つかっても

なかなかドレスでは出会えないという事もしばしば。

このドレスであれば、カラータイツなど合わせて、

普段もレトロに着こなしていただけそうな一品です。


ドレスはくっきりとしたディティールは

60年代らしさを感じますが、

薄手の生地で歩くとふんわりとアコーディオンプリーツが広がります。

 小物はシルバーで統一しました。

遊びのあるスタイルがお好きな方は

小物であえてヴィヴィットなピンクを重ねても素敵ですよ。


お次はこちら。


レモンイエローのレースのドレス。

レースのドレスは沢山存在しますが、

その中でもこの お色はなかなか出会えない色味なのでは。



 ケープのようにレースが胸元から袖にかけてふんわりとかかります。

袖の広がりも美しい一品です。
 
アクセサリーをパール中心にすると結婚式など

フォーマルな場面の装いにぴったりです。


続いてこちら。

ブライトカラーのドレスは、

冬の寒い季節に際立ちます。

ここぞという時におすすめの一品です。


クリスマスのパーティー・イベントにいかがでしょうか?


ブルーのドレス、なかなか写真では伝わりにくいのですが、

 グリッターラメ色を使用したレースの生地です。
裏地がピンクになり、そのレースの模様を際立たせています。


裏地のピンクに合わせて、イヤリングやパースをピンクで統一しました。



真っ赤な赤のフェイクファーのブルゾンは、

昨夜のレディースフロアのブログでご紹介して います。

デイリーにもパーティーにも活躍出来るアウター。

スパイスを加えてみては?

まだまだご紹介しきれません。

明日はベルベットやブラックドレスなど、

カテゴリー別に毎日ご紹介していきますので、

どうぞお楽しみに!


昨夜のブログでは本日のスタイリング以外のドレスも掲載しています。

是非ご覧になってください。



HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------
Web http://haightandashbury.com


HAIGHT & ASHBURY