2018年11月24日土曜日

Dress Fair -Black formal-(11/24)



昨日は初日に駆けつけて下さり、

本当にありがとうございます!

未掲載のドレスもたっぷりとご用意していますので、

是非お立ち寄りください。

本日はブラックドレスをご紹介します。


アンティークルームのドレスの中でも

そこそこの割合を占めているのがブラックドレス。


カラードレスに比べて比較的集まりやすいという理由もありますが、

どんな場面でも幅広く対応出来るアイテムとして

まず一つは持っておきたいというお客様も多く

定番の人気アイテムでもあります。


まずは結婚式や卒業式など、

式場がチャペルや、ホテルで行われる場合に、

ふさわしいアイテムをご紹介します。



まず黒のドレスを選ぶとしたら、素材や生地に注目したいですね。


このドレスは袖に凝ったディティールがあり、

リボンをくるくるとお花模様に添えて

オーガンジーの袖に叩いた一品。


黒いドレスがまるでフレームのような役割を果たし、

細工の細かいビーズのパースが映えます。


袖があれば会場内で上着を羽織る必要はありませんが、

野外であったり、ガーデンウェディングの場合は、

寒い冬ですので、羽織ものも必要になります。


短いボレロなどではなく、

ベロアのライトコートはいかがでしょうか?


ガウンのように留め具がなく、

胸元からAラインに広がるシルエットです。


胸元には大きな赤いコサージュを添えて。


シンプルな装いだからこそ小物使いが活きますね。


ヒールは1950年代のシルクサテンのパンプスです。


ちなみにヒールの高さは3センチ以上とされていますが、

出来れば5センチ以上のものを選ぶのがベター。

オープントゥやミュールはNGです。


またバッグや小物使いで気をつけたいのがアニマル柄。

レオパードやパイソンなどは身につけないようにしましょう。


続いて黒レースのドレス。

オフホワイトに黒のレース模様がくっきりと浮かび上がります。


1950年代後半〜1960年代初頭で

クラシックな雰囲気も兼ね備えたドレスです。


袖口はやや短い着丈になるので、

すっきりと着こなす事が出来ます。


白いビーズがびっしりと刺繍されたパース。


足元はサテンのパンプスを合わせました。


続いてこちら。



ドットのチュール地はガーリーな雰囲気がありながらも、

花びらを敷き詰めたようなフリルが可愛らしい一品。


華奢な腕を包み込むような袖。


胸元と袖口にフェザーのようなあしらいで

ダークネスな雰囲気を兼ね備えています。


大きなサテンのリボンがさらに雰囲気を掻き立てます。

赤の小物で統一して差し色にしました。


チュールのヘッドピースはファーの装飾がポイント。

ブラックドレスは、

耳元だけでも少し色味を添えるといいですね。


その他にも沢山ご用意しています。






その他にもビジューがたっぷりあしらわれたドレスや、

ベルベットのドレスなど、沢山ご用意しています。


明日、明後日と引き続きご紹介いたしますので、

どうぞお楽しみに!

それでは本日も皆様のお越しをお待ちしています。

HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------
Web http://haightandashbury.com


HAIGHT & ASHBURY