2018年11月4日日曜日

1960s big beads earrings(11/4)


たわわな果実の実のように、

たっぷりと大きなビーズが連なるイヤリング。

スパンコールを重ねたような美しさ。



先日アメリカから到着したばかりの荷物なので、

先週の入荷とはまた異なるラインナップ。

本日ご紹介するのは1960年代頃のイヤリング。

スパンコールだけではなく、ビーズやパール、

留め具のパーツまで是非注目して見てみてくださいね。

 

なかなか大きさが伝わらないので、

着用写真を追加しました。




なぜこんなに作りが大きいのか。

勝手な推測なんですが、

40年代〜50年代の頃は細かい細工で良く見ると

美しい作りのものがありますが、
おそらく50年代から60年代に入り、

クラシックなスタイルから、

もっと着丈が短くなりポップな要素が加わり、

女性は簡単にセット出来るボブヘアに変わりました。


絵柄やプリントは激しいものもありますが、

動いたときも止まったときも、

服のシルエットは変わらず凹凸がありません。


ネックレスやイヤリングもどちらも粒が大きなものになりますが、

シンプルな服を引き立てるものとして

アクセサリーはとても重要な役割だったと思います。


これからの季節はケーブル編みのニットなど

カジュアルなアイテムに合わせたり、

色が沈みがちな時に顔まわりを明るく見せてくれますね。

是非店頭でお試しください。



それでは本日も皆様のお越しをお待ちしています。

HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------
Web http://haightandashbury.com


HAIGHT & ASHBURY