2017年8月31日木曜日

黒と私(8/31)


ビタミンカラーと黒。

街中でよく見かける危険を知らせるサインだったり、

スポーツウェアーではよくある色の組み合わせ。

目には決して良くなさそうな、インパクトがあります。笑


冬には黒に頼りがちになってしまったり、

黒のアウターやブーツなど、

これから着まわしの効くアイテムの代表格ですから、

街中も黒に溢れます。


私は暗く見えてしまうので、黒は避けがちなのですが、

この冬はちゃんと黒と向き合って、(好きになって、)

パッと華やかに生かす方法を提案したいと思っています。


まずは黒のベスト。


ギラギラなスパンコールを合わせました。

スパンコールは全面ではなく、

幅の広いストライプもようのよう。



カラフルなウールのスカートにインして、

後ろからリボンを回して前で結びました。



フラットカラーの襟は行儀よく見えますが、

この飛んだネオンカラー、さらにシルクの生地。



フリルの前立てもキュート。


大人の遊び心を感じる一品です。



胸元には個性的なブローチを添えて、

手元にはピンクのパース。



真っ黒なボトムや、ミリタリーのパンツにインしても良さそうですね。

思い切ったショーツにタイツで、

ギラギラなブーツを合わせてみてもいいかもしれません。


自分でブログ用に着る事があまりないので、

いつも以上に着こなし方浮かびますね。 笑


黒のシューズとソックスは、履いてきた私物なんですが、

ぴったりだったのでそのまま撮影してしまいまいした。


この模様に見覚えありますでしょうか?

立ち上げの時に正面に飾っていた黒のジャケット。

ヘイトのアンティークルームは全て黒なので、

やっぱり美しい模様が映えなくて、

オープン寸前になって黄色のニットを着せ付けました。

見事に浮かび上がる模様。


目の細かいチュールと、

サテンのシルクの生地をミシンで叩く。

どことなくフォークロアな要素も強い。

ハイネックのシャイニーなトップスでもいいですね。

ノースリーブを合わせて腕を肌に透かしてもよし。



こちらもほどよくモダンなドレス。

リボンを格子柄になるように並べてステッチ叩いて、

なんて手の込んだファブリックなんでしょうか。


続けてアンティークのジャケット。

おそらくチロル地方の衣装。

生地はシルクでフロッキープリントのお花模様。

裾のタックにも注目してください。

刺繍の模様に合わせてタックを取っています。





続けてレースのブラウス。

短い着丈なので、

先ほどのようなマキシ丈のスカートも似合いそうですね。

黒ラックにはブライトトーンの洋服を混ぜ込んでいます。
8月も本日で最終日。

是非この冬が楽しくなるようなアイテムに出会えますように。

それでは本日も皆様のお越しを心よりお待ちしています。


HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------
Web http://haightandashbury.com


HAIGHT & ASHBURY