2017年8月28日月曜日

2017 Autumn/Winter Style 1(8/28)




新しくリップを買った。

ネイルを変えた。

髪を切って、髪色を変えた。


ちょっとだけかかとの上がるヒールに履き替えて、

背伸びをした。



季節の変わり目は私の変わり目。

こうして節目を迎えるたびに、

一つ、また一つと姿を変えることが出来る。



さあ、秋本番。

私たち、何を着る?


春めいた色が、冬になった。

彩り鮮やかな冬よ、こんにちは。

ひとつひとつ丁寧に色を乗せて今までにない冬を迎える。


まずはフェイクファーコート。

ビッグファーという言葉では収まらないほど、

究極のファー


フェイクと言えど、グレードは様々。

毛足を整えたようなファーは、

光を浴びるとベルベットのように艶やかに光る。


ピンクのチュールのドレスを重ねる。

花柄のソックスに足元は、キラリと光るシルバー。

袖口にギャザーを寄せて

ただ大きいだけではないディティールもよし。


続いてこちらもフェイクファー

なんてことのないレオパードのプリント。


だけどアウターじゃない、ドレスなんです。

こんなことってある?
シルエットはまさに50’sの王道。

細かいディティールを見ていくと、開襟でやや小さめ。

そして包みボタンも可愛らしい。

袖が少しだけ短め。


ウエストのリボンは首にチョーカーのように巻いてもよし。


赤のシアーストッキングに、ファーのミュール。


少しずる賢くて気まぐれな子猫のよう。






続いて秋らしいスモーキーなグリーンのジャケット。

FENDIのズッカ柄がチェック模様のようにプリント

ハイネックの赤ニットはゴールドのラメ。

バーガンディーカラーのレザーのスカートに、

シアーストッキング。

足元は着ているものよりも明るいトーンのヒール。



茶色の型押しのパースは50年代頃のヴィンテージ。

ゴールドの縁取りがまた重厚感を与える。


そしてラベンダー色のエナメルのようなコート。



レディースフロアのアイテム中心です。

メンズのコーデュロイパンツはマックレガーのヴィンテージ。

ウエストをベルトで絞り、ハイウエストに。

レース模様にビーズの刺繍。

くすんだグレーを肌に透かして。




最後もレディースフロアのアイテムが中心。

オレンジのアウターはオーバーサイズのメンズもの。

コットンのロングスリーブのTシャツ

ネックレスやチョーカーは、

カジュアルになりすぎないための必須アイテム。

グレーのニットパンツには、網タイツ。


メタリックなゴールドのパースは服を問わず持っていたい。

足元はフェラガモのパンプス。




素材で楽しむ、目で楽しめるもの。

よく目を凝らして見ると、

美しいビーズの刺繍だったり、ハリのあるチュールだったり、


もしかしたら新しい感覚が生まれるかのしれない。

全く異なる素材同士を合わせて何度でも実験して見る。


この冬、新しいスタイルに挑戦して見ては?



新しい季節をぜひお楽しみください。

本日もスタッフ一同、心よりお待ちしています。


HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------
Web http://haightandashbury.com


HAIGHT & ASHBURY