2017年4月23日日曜日

60's zip up parka(4/23)


ヴィンテージでコンディションのよいものを揃えたいのは、

もちろんなんですが、

そうでないものの方がきっと世間には多いはず。


そうではない状態のものでも、

見方を変えると面白くて、

他にはないヴィンテージになることも。


アンティークルームには何年もの時を経て、

本当に沢山のヴィンテージが並んでいます。

その中で今日は60'sのスウェットパーカをご紹介します。

以前コムデギャルソンが縮絨加工の服を発表したことがありますが、

ウール素材で作られたコートやジャケットなど、

どのくらい縮むのかを計算した上でパターンに起こすという、

その当時、他にはない技法だったので、挑戦だったと思います。

ヴィンテージにも同じように、

裏地の方が奇妙な伸び方をしてしまったり、

生地の状態で随分と変形してしまうものもあります。


こちらのフルジップスウェットパーカは60年代頃のもの。

裏地のと表地のテンションが異なるものなんですが、

買い付けげ発見した時点でもうこの形でした。


これは縫製の段階で寸足らずだったわけではなく、

洗濯した時に起きたことで、

洗濯の時に裏地のコットンのサーマルが縮んでしまったよう。


そのせいでジップはうねうねと曲線を描きます。


私自身も何度も洗濯で失敗した経験があるので、

着れなくなってしまったセーターや、

カサカサに乾いてしまったブラウス。

大きなセーターをお洗濯で縮ませることもあります。


サーマルを着たことがある方は

こんな経験があるとおもうのですが、

洗濯すると糸がぎゅっと詰まり、少し小さくなりますね。

表地がゆったりとしたシルエットになるのはそのせい。


他にはないシルエットなんです。

あえて思いっきりヴィンテージドレスを合わせました。


色の鮮やかさと刺繍が素晴らしいパープルのモチーフドレス。

実はあまりコンディションのよいものではないので、

デイリーに気兼ねなく着たい方におすすめします。



いよいよ本日でブライダルフェアーも最終日となります。

是非この機会にドレスや小物を見にいらしてくださいね。

それでは本日も皆様のお越しをお待ちしています!


HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------
Web http://haightandashbury.com


HAIGHT & ASHBURY