2016年11月13日日曜日

ヴィンテージとイベントについて(11/11)

お店や古着についてインタビューを受けました。

ちょっと前なんですが、

10月末にShe magazineにて、掲載されています。

お店の成り立ちやヴィンテージについてお話ししていますので、

よかったらご覧になってください。(写真は引用しています)

雑誌やテレビの取材も、

いつもかわいい看板娘たちに対応してもらっているので、

普段は私の出る幕はないので、なんだか貴重な機会でした。


せっかくだしヴィンテージのドレス着ようかな

と思っていたのですが、

朝になるとあんまりその日は気分じゃなくて、

お気に入りのTシャツにデニムで行きました。


だけどこの装い、いわゆる普通で手が出なくて、

昔は出来なかったスタイルです。

その事についてインタビュアーの方が感じとって

書いてくださっていたのが嬉しかったです。


手が出なかった理由として、

なんてことのない装いは、誰にでも出来て、

個性のないものだと思っていました。


もしも数年前に、同じシチュエーションで取材があったら、

相当一張羅のヴィンテージを盛り込んでいただろうと思います。

記事を読んで改めて自分と古着について振り返っていました。

ヘイトに入った当初はデニムも知らなくて、

失敗した経験もあるので、

知らないが故に選べなくて、履けませんでした。


大好きなヴィクトリアンの服は、

それまでに出会ってきた古着とは違う、夢中になれるもので、

そして好きこそ故に、唯一そこそこ知っているもの。

ヴィンテージショップで働く私にとって武器でもあり、

鎧のようなものだったと思います。


だけど他のヴィンテージに目を向けたときに、

先ほどのデニムと同じように、

ヴィンテージの良さや価値を他の大半の古着から見出すことが

当時は出来ていなかったんです。


ヘイトに入社してから、とにかく時間はかかってしまいましたが、

ヴィンテージの様々な楽しみ方を覚えました。

2014年3月に、


という"年代物"の概念を取っ払って置いていこうとなった時、

丁度そのタイミングで、アンティークブログを担当する事になりました。


アンティークじゃないアンティークは、

自分にとっても挑戦で、もっともっと古着を知りたいと思い、

様々な洋服を着るようになり、

髪型を変えてみたり、一段と古着が楽しくなりました。


時々こんなにカジュアルなのに、

ウェディングドレスを一緒に選ぶのが申し訳ないくらい、

まるで説得力に欠けてしまう日もあります。笑


私にとって"古着を知る"事は、"知識を得る"事ではありません。

古着に隠された可能性を、いくつ自分が見出だせるかどうかです。

(その可能性を知る上で少しの知識があれば一層楽しめそうですね!)


ヘイトはジャンルもなければコンセプトに基づいたセレクトもなく、

この服はこう着るというテンプレートもありません。


私達スタッフのフィルターを通す事で、

その時の時代性とその人それぞれに合う着こなし方を

提案出来るものだと思います。


まだまだ私自身も日々が勉強している所ですが、

見ている方が、面白く楽しいと思ってもらえたら嬉しいです。


さて、来たる11月19日、20日来週の土日に、

ラフォーレ原宿のVINTAGE FASHION MARKETに

参加させて頂く事になりましたが、

このヴィンテージマーケットに携わる方々と

お話をする機会が増えて、

また新たにヴィンテージの在り方について考えさせられました。

ヘイトがせっかくやるなら、

いつもと違うような方法でお店に特別感欲しいなぁと思い、

ヘイトならではの企画を考えました。


先週ブログでもお伝えした通り、ヴィンテージマーケットに向けて、

Instagramでは日々入荷アイテムを使ってスタイリングを更新しています。

私はレディース、メンズは小松くんが担当しました。

普段はアンティークルームはアンティークルームで、

レディースフロアはレディースフロアで、

等、各フロア毎にスタイリングを組んでいますが、

今回は男女アイテム問わず、ミックスしています。

まだ出していない新着アイテムをメインにスタイリングしました。


考えるのが楽しくて楽しくて仕方なかったです。

イベントに向けて考えたのは男女10体ずつ。

ひとつの古着から何通りもパターンが考えられるので、

正直これでも私達には足りないし、

ワンスタイルのみでは伝えきれないなぁと思っています。


20体分を営業前に撮影という、いまだかつて無いバタバタでしたが、

スタッフみんなの協力により素敵な仕上がりました。



このスタイリングで使用したものは全て、

ヴィンテージマーケットにて購入することが出来ます!

さらにそのマーケットでは

ほとんどがまだお店に出ていないアイテムがずらりと並びます。


今夜からそのInstagramに掲載誌ていたスタイリングの詳細を

アンティークブログにて更新します。

昼も通常通りいつものお店の入荷ブログを更新しますので、

一日2回、見てくれたら嬉しいです。

イベントの詳細はこちらのサイトから是非ご覧になってくださいね。


私は2日間とも会場にいるので、

沢山のお客様にお会い出来たら嬉しいです!


皆様のお越しを心よりお待ちしています。


現在ヘイトアンドアシュバリーではスタッフを募集しています。

詳しくはコチラをご覧ください。

皆様のご応募お待ちしています。

HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instagram:@haight_tokyo

▼商品のお問い合わせや通販をご希望の方は必ずコチラをご覧ください。