2016年8月28日日曜日

CHANEL-suits-(8/28)


CHANELのスーツを着ていくとしたら、

あなたはどこへ向かいますか?


"この服はこの場所に着ていく為のもの"というボーダーラインは、

ファッションの選択肢を狭め、

昨今のジャンルレスなファッションの在り方に当てはまりません。


ドレスを、そしてランジェリーを日常へ。

全く異なる目的だったアイテムが

また新たなフィールドで活躍してくれます。


ますます選択肢が増えて

固定概念のないファッションを、自由に楽しめるチャンス。


それでも新品では程遠い世界のアイテムも、

ヴィンテージなら身近に楽しむ事ができます。


こうしたメゾンのアイテムは、一番最新のものである必要はなく、

いつでも自分のオリジナリティを重視して着こなすことが出来ます。


本日はCHANELのスーツをいくつかの着こなし方でご紹介します。


CHANELのツイードは特別。

オートクチュールの世界では一人の職人が手に掛け、

他のメゾンでは決して真似する事ができません。


暖かみのあるベージュでフリンジ。

70年代のヒッピーな要素を兼ね備えたスーツです。

まずはデニムを合わせて。

素材の良さを引き立てるにはまずは白いTシャツに重ねる。


ギラギラとしたゴールドバッグで遊び心を兼ね備えて。



お次はスカート。

60年代頃のヴィンテージジャケット。

それだけ手をかけて作っていた時代だけに

CHANELのクオリティに負けず劣らぬヴィンテージです。




目の細かいチュール地に、お花のモチーフをいくつも連ねて。

CHANELと言えば、

カメリアのお花がブランドのモチーフとしても使われていますが、

少し似た雰囲気を兼ねています。

ジャケットを重ねても正面にモチーフが並び、

着ることができます。

もちろんジャケットを重ねてもしっくり。

 手元のアクセサリーはシンプルに控えた方が良さそうですね。

Tシャツに重ねてシンプルにしても◎

スタイリングではCHANELの代表作とも言える

バイカラーのパンプスを合わせていますが、

真っ白なスニーカーを合わせても良し。

ウエストに太めのベルトを巻いても◎


流行り廃りもなく、今っぽさを上手に取り入れて

デイリーに着てもらいたい逸品です。

他にはない品の良さが、きっと自信を与えてくれます。

是非お試しになってくださいね。

それでは本日も皆様のお越しをお待ちしています。

HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instagram:@haight_tokyo

▼商品のお問い合わせや通販をご希望の方は必ずコチラをご覧ください。