2016年6月26日日曜日

CHANEL 2(6/26)





本日も昨日に引き続き、CHANELをご紹介します。

とっておきのアンティークのワンピースに合わせてみました。
時代は1920年代頃、

丁度ココシャネルが活躍した時代。

革命児として今までにないシルエットへと移行し、女性でも動きやすいのが特徴。



コットンのキャンバス地のエスパドリーユ。

エスパドリーユは元々歴史が長く、
労働者や農民のための靴で、

バスク地方が発祥の地です。

そこからこのファッション界へと移行させたのは、シャネル…ではなく、

1927年に創業したカスタニエール。

さらには1960年代頃にイヴサンローランが出会うことで、

あのウェッジソールタイプのエスパドリーユを初めて発表することになります。

エスパドリーユの原点を振り返るようなこのシューズはそこまで古いものではありませんが、

敬意を払ってアンティークの洋服で楽しむのもいいですね。
これからの夏はぴったり。

ぜひお試しくださいね!

それでは本日も皆様のご来店をお待ちしてます。
HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instagram:@haight_tokyo

▼商品のお問い合わせや通販をご希望の方は必ずコチラをご覧ください。