2016年6月14日火曜日

アンティークのがま口パース(6/14)



がま口の金具に人や動物、木々が描かれた、

まるで1つの絵画のような作品。



しっかりとした生地は巾着のようで、
意外と入ります。

パースの中に詰めてあげるとふっくらとした形になります。



おそらく1920年代頃ですが、

もう少し古いかもしれません。


この時代のバッグはビーズの刺繍など繊細な生地のものが多く、

こうして日常でも気兼ねなく使えるタイプは貴重かもしれませんね。


このバッグを撮影しようと思っていたときに、

お客様からおすすめされたトワルドジュイ展


駅のホームに大きくポスターが貼ってあったので、

私も絶対に行こうと思っていました。


このバックしかり、トワルにしかり、

この風景柄にはどんなエピソードがあるのかなと思うと、

見ているだけで楽しい気持ちになりますね。

トワルドジュイは、私自身もアンティークの中で好きなプリントのひとつ。

特に古ければ古いほどに情景が面白く、見応えがあります。




ずっと昔に買ったアンティークのトワルドジュイは、

150年くらい前のもの。

買ったときはスカートにしたかったのに、

もったいなくてずっとそのままにしています。


少し前にアンダーカバーが作っていたトワル柄も好きでした。

アンティークとまで古くないものでも、

面白いですよね。


ちょうど今日から始まるようなので、近々行きたいなと思います。



私は今日おやすみなんですが、こちらへ向かいます!


危ない、、展示が終わるところでした。。


それでは皆様のお越しをお待ちしています!





HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instagram:@haight_tokyo

▼商品のお問い合わせや通販をご希望の方は必ずコチラをご覧ください。