2015年5月31日日曜日

ブライダルフェアー最終日のご挨拶とパールのつけ襟(5/31)


Bridal Fair
2015.5.16(sat)-5.31(sun)

ブライダルフェアーもいよいよ最終日となりました。

沢山の花嫁さんと触れ合う事で、皆様と温かな時間を過ごすことが出来ました。

幸せな時間を本当にありがとうございます。


ヴィンテージやアンティークのドレスは、

レンタル屋さんや式場で用意されたドレスを目にしていた花嫁さんたちにとって、

とても新鮮だったと思います。

年代によって異なる生地やシルエットは様々。

今の時代にとって結婚式の形式が様々である事で、

ヴィンテージだからこそ、バリエーションがあり、

どんな場所でもご対応出来るのではないかと感じました。


今の時代でももちろん手の凝ったものが多く、

それもまた今後素晴らしいヴィンテージになっていくものもあるはずです。


何に価値を感じるか人それぞれです。

実際に手で触れて、

ヴィンテージならではの素晴らしさを感じて頂けたなら幸いです。


また、ブライダルフェアーをきっかけに

もっと多くのヴィンテージの良さをお伝え出来たらいいなと思います。


店頭ではお店で31日が過ぎたら、どうなるんでしょうか?

とよく聞かれておりました。


私はブライダルフェアーが終わったら、

いつものアンティークルームの形に戻すつもりでした。


しかし、これから式を控えていらっしゃる方が多く、

まだご決断なされていないお客様も沢山いらっしゃるので、

このままであって欲しいというお客様のご要望もあり、

引き続き6月も継続してブライダルコーナーを設ける事にしました。
ウェディングドレス、小物、ヘッドドレスなど沢山ご用意していますので、

よろしければご覧になってくださいね。

最終日の本日はパーティスタイルにぴったりなパールのつけ襟をご紹介します。

ベージュの総レースのミニドレス。
元々中にチュールが入っているので、やや広がるシルエットになります。

昨日のブログでご紹介した、コサージュ入りのパースを合わせて、

足元はゴールドのパンプスを合わせました。
つけ襟はこちら。
白のビーズとベージュのパールを交互に使いながら模様をあしらい、

フリンジのようにビーズが付いています。
チュール付きのヘッドドレスは大きなリボンにドット付き。

チュール付きのヘッドドレスはこちらのブログに掲載しています。

お次は細めのタイプ。竹ビーズとパールの組み合わせです。

パールは大きさがグラデーションになるようについています。

続いてこちら。大きいパールと小さいパールが交互についています。

つけてみるとさり気なくラインストーンが光ります。

こちらはゴールドの糸とパールの組み合わせです。
見た目にインパクトがありますね。


スカラップのタイプもございます。
最後にスパンコール。
真っ白なスパンコールに白のビーズのお花刺繍。

さりげないお花模様が素敵ですね。
もちろんつけ襟はパーティだけでなく、普段にもお使い頂けます。

是非色んなドレスにお試し下さい。

それでは皆様のご来店を心よりお待ちしています。

HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instagram:@haight_tokyo