2015年4月11日土曜日

DENIM(4/11)

今期はなくてはならない存在のデニム。

ワークやミリタリーなどと言った、全く目的の異なる物は、

労働する為だけを考えて作られたものであって、

"おしゃれ"をする為のものではありません。

その為に生地は頑丈に織られていたり、

破れないようにリベットを当てたり、

そのあらゆる動きに耐えられるように工夫が施されています。

突き詰めれたらものって突出してかっこいいと思えますね。

可愛らしくする為のレースやフリルの飾りとは違い、

ディティール全てに意味があります。

レディースものにはない、メンズアイテムの魅力ですね。


それではご紹介していきます。

着用しているデニムはリーバイス501のビッグEのタイプS

Levi's 501Big E type"S"
色残りが良く、とてもいい風合いに仕上がっています。
Sタイプのかなり貴重なものです。



ウッドソールのサンダルがデニムにマッチしています。

デニムと相性バツグンのシルバージュエリーもお忘れなく。

バングルもリングも沢山重ね着けしてください。

トップスはインド綿チュニック。

ピンクに淡いブルー、パテルカラーのロマンティックな生地です。

袖のペイズチュニック特有の袖の形もバルーンのように広がってかわいらいいですね。

ディティールをよく見ると裾が上がっていない状態です。
カットオフではないので、ひと折上げてステッチを叩くといいかもしれません。

色残りが良く、まさにこれから着こなしたい色合い。

リーバイスのタグも残り、Sの文字が刻印されています。

赤タブもビッグE

サイズ感はやや小さめで、裾が上がっていない為、値段はお手頃です。


続いてこちら。

リーバイス501 66前期 Big E
こちらもいい色残り。なかなか希少価値が高いもの。

サイドのステッチが取れてしまっているのですが、

そのまま直していただくと細身で着られるので、お任せします。
赤タブはこちら。

裾はきっちりと残っていますよ。

Levi's 646 
まさに旬な形。77年製のものになります。

フレアなタイプをお探しだった方にはおすすめです。

この形であまり裾がすり減っていない形もないという点では希少だと思います。

お値段もお手頃です。

そしてLevi's 501 赤耳 ペイント入りです。

落書きのように書かれた絵がなんともユニーク。

細い線で様々な色で描かれています。遊びゴコロがあって◎ 

裏面にもピースマークのような絵柄が書かれています。

最期にこちら。

PAYDAYのカットオフされたオーバーオール

ヴィンテージのTシャツとウエスタンブーツ、さらにシルバージュエリーを合わせました。


50年代のもの。
こちらもとにかく色残りが良いデニムです。

古いワークものも年々あまり出なくなってきています。

子供っぽくならないようにヒールに合わせるのがおすすめです。


この他にもカットオフなどもご用意しているので、

是非店頭までいらしてくださいね。

尚、同時にレディースフロアでもデニム特集を行っています!

こちらもどうぞお見逃しなく。

それでは本日も皆さまのご来店をお待ちしています。


HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instagram:@haight_tokyo