2015年2月26日木曜日

シルクのスカーフ(2/26)


ヴィンテージのプリントって遊び心があって

端から端まで抜かりなくて、大好きです。


本日はスカーフをご紹介します。


スカーフの使い方によって表情が変わり、

見る度に発見があります。

まずはバレリーナ。


バレエ教室で練習をしている姿ですね。


なんだか一枚の絵を見ているようで、

ドラマだったらひと荒れしそうな予感。


頭に巻いてヘアバンドのようにしても◎


お次はこちら。


一見とてもサイケデリックに見えます。

大きなペイズリーが円の中に描かれていたり、

中には人が読書をしていたり。

なんともシュールな絵柄ですね。


お次は和柄!

日本の絵画をプリントした渾身のジャポニズム。


こちらも何か物語がありそうな予感。





続いて世界の名所柄。

おそらく都市なのでしょうか?

パリの凱旋門や自由の女神が描かれていますね。



植物柄のスカーフ。

細い線で描かれたかわいらしい世界。




続いて貴族柄スカーフ。

人物の装いからしておそらくロココ時代を描いたもの。

こちらにも先程の凱旋門らしきものがちらり。


お次は花束柄のスカーフ。

かわいらしくリボンで束ねられています。

ついついリボン柄だと思って坂さまに撮影してしまいました。


そして最後はこちら。


オーストリアと書かれていますね。

ポップな絵柄で夏はさらっとカゴバッグにかけても素敵ですね。


様々な使い道があるスカーフ。

是非店頭で広げてご覧になってくださいね。

それでは本日も皆様のご来店お待ちしています。


HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instergram:@haight_tokyo