2014年5月30日金曜日

WEDDING FAIR =パンプス、グローブ、バッグ=(5/30)

WEDDING FAIR

今週はウェディングフェアー真っ最中

ウェディングドレス、そしてヘッドドレスをご紹介しました。


本日はグローブ、パンプス、バッグ入荷したのでご紹介します。

白ビーズ刺繍グローブ。

真っ白なビーズの刺繍が美しいグローブ。


続いてクロシェレースのグローブ


アンティークのドレスにはぴったりですね。


こちらはお花の小さな刺繍が…




お次はパンプス

サテンのパンプスにはつま先にリボンとパールがあしらわれています。


色味が落ち着いているので、足元だけ浮いてしまうことがなさそう。


ヒールの形がまた素敵なんです。


ビーズバッグもご紹介します。


色の異なるビーズで模様を作った贅沢な逸品。

ガマ口に模様が入っていたり、華奢なチェーン。

至る所にもこだわり、繊細さを感じます。


お次はパールの刺繍バッグ。


お花の模様がポイントに。


一週間に渡りご紹介しましたが、

ヘイトのアンティークルームには常にウェディング揃えております。


以前こんなお客様もいらっしゃいました。

数年前に結婚の予定は無くてもきっとこんな出会いはないから、

いつかの為と、持っておきたいという方がお買い求めになれたのですが、

2年後(どのくらいだったのか曖昧ですが…)、

ご結婚なされた時にドレスを着てくださったそうです。


その時のお写真を見せてくださり、とても嬉しかったです。

確かにヴィンテージは一期一会。

もし売れてしまったら手に入る事はありません。


今回これだけまとまった入荷は滅多にありませんが、

予定がなくとも、皆さんに見て頂きたいと思っています。


せっかくの機会ですので、是非一度ご覧下さい。

それでは本日もお待ちしています。

次回の更新は6月1日(日)夜です。


HAIGHT&ASHBURY
03-5453-4690
haight.info@gmail.com



2014年5月28日水曜日

Wedding Head Dress(5/27)



WEDDING HEAD DRESS

アンティークルームでは今週1週間にわたり、

ウエディングフェアと題しまして

ウエディングにおすすめのアイテムをご紹介しています。

前回のブログではウエディングドレスをご覧いただきましたが、

本日はヘッドドレスのご紹介です。

まずはこちら。

贅沢なビーズとスパンコール刺繍のヘッドドレス。

大きな花びらやお花の形に

ビーズやスパンコールが丁寧に施されています。

動くたびにきらめいて表情までも華やかに見せてくれそうな

とっておきの1点です。

どの角度から見ても美しい装飾です。



続いてはこちら。

つややかなベルベット素材にパールのヘッドドレス。


ベレー帽のような形で頭になじみ易く、

ヘアアレンジも幅広く出来そうなフォルムです。

垂れ下がるように施された大粒のパールが

アクセントになります。

総レースのヘッドドレス

こちらも頭にフィットしやすく、かぶりやすい形。

どんなドレスとも相性が良さそうです。

お花がぎっしり咲いているような編目のレース。

ひとつひとつに真っ白なころんとしたビーズがついています。

花冠ヘッドドレス

ウエディングの王道、花冠タイプもございます。


横から見てもボリュームがあります。

海外で挙式される方やカジュアルな式をする方にもおすすめです。



ベール付レースハット

大きなつばのハットにベールがついていて

ウエディングならではといった感じでしょうか。

たっぷりとしたチュール使いが雰囲気満点。

ハット自体にもレース刺繍やパールが施されています。

後ろから見ても華やかですね。

ベールもしっかりと長さがあります。

お気に入りのドレスをさらに素敵に見せてくれるヘッドドレス。

顔周りの印象もぱっと華やかになりそうです。

ぜひ店頭でお試しくださいね。

次回もウエディングのアイテムをご紹介いたしますので

どうぞお楽しみに。

次回の更新は5月30日(金)です。

2014年5月26日月曜日

Wedding Dress(5/26)

WEDDING DRESS

本日よりウェディングフェアー

ウェディングドレスはもちろんの事、

ヘッドドレスやグローブ、パース、パンプスなど、

小物も入荷します。

まずは本日、第一弾はドレスをご紹介します。

シルクジョーゼット特有の美しいドレープ。

胸元の繊細なディティールも素敵ですね。


ヴィクトリアンのコットンドレス


カットワークのレースとチュールのドレス。

胸元のゆとりと細く絞られたウエスト。


正面、サイドにもカットワークのレースが。



こちらもヴィクトリアンウェディング。


全体的にローンの生地には四角いドットが描かれています。

カットワークのレースは丸いモチーフが沢山並んでいます。



袖のディティールにも注目。


続いて50’sのウェディングドレス


しっとりと光沢がありハリのある素材です。

シンプルなドレスこそシルエットの良さが際立つもの。

V字で開いた胸元も、良く見ると僅かに曲線を描き、

胸元をよりセクシーかつ上品に見せてくれます。

中にチュールが入っているので、

一枚でもふんわりと広がりますが、

パニエを重ねてボリュームを持たせても◎



続いて"GUNNE SAX"のブライダルラインのドレス。

柔らかなチュールがたっぷりとあしらわれた美しいドレスです。

首周りはハイネックになった箇所のみがレースになり、

胸元のサテンリボンがポイントになり、

デコルテが美しく見えます。


袖がやや長いように感じられますが、

カフスのボタンを留めるとふんわりと広がります。


総レースのGUNNE SAXのドレス

コルセットのように編み上げになったディティールが素敵。

すとんと縦長シルエットになるドレスは、

こうした大きなハットもよく似合います。




最後にこちら。


こちらもGUNNE SAXのドレスです。

大きなフリルがかわいらしい印象に見えますね。


胸元のパールボタンもポイント。


真っ白なウェディングドレスの他にも、カラードレスも揃えています。

是非お気に入りの一着を見つけてくださいね。



次回の更新は5月28日(水)です。


HAIGHT&ASHBURY
03-5453-4690
haight.info@gmail.com

※メールの返信はお時間頂きます。

お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。