2014年6月22日日曜日

1930's DRESS(6/22)


せっかくの休日なのに、今朝から雨が降っていますね。

雨で気分が乗らない時、

お気に入りの洋服を着ているだけで気分が変わります。


私自身、明るい色の洋服を着る事が多いのですが、

たまには黒いワンピースを着てみようかなと思い手に取ると、

お店の中に沢山ある鏡に映る自分の姿がチラチラと目に入っては、

しっくりこないのでそわそわしてしまいます。


梅雨の時期はどうしても気分がなんとなく乗らないので、

ダークカラーを着てくると着替えてしまいたくなります。


好きな洋服を着る事が、雨を楽しむ方法のひとつ。

こんな季節だからこそ、明るいお洋服を着ていたいですね!


今日は1930年代のとっておきのドレスをご紹介します。


ウエストのペプラムや、胸元や袖口の細かいプリーツ、

随所にこだわりが見られます。


ふんわりと優しい風が通りぬけるような、見ているだけでも涼しげなドレスです。

ピンクのヘッドドレスで淡いパステルカラーに、

ブライトトーンのイエローでまとめています。


童話の世界から飛び出して来たようで、

どことなく非日常を感じさせてくれます。


首元には涼しげなアクセサリーも添えて。


オールドプラスチックで、良く見ると実と葉っぱのモチーフ。


カジュアルにTシャツに合わせてもよさそうですね。

さらに涼しげなアクセサリーと言えば…

1930年代のスパンコールのイヤリングもおすすめです。



足元はこんなボアのルームシューズで遊び心をプラス。


是非手にとってご覧ください。



HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instergram:@haight_tokyo
TEL:03-5453-4690