2014年4月9日水曜日

スウェット(4/9)


古い生地の洗いざらしの雰囲気や天然素材の柔らかさ。

どことなく今の時代のものとは異なる、優しい雰囲気を持っています。

今回はスウェットのご紹介です。

個人的にもこの古い年代のスウェットが好きで、愛用しています。

真冬も重ね着をしたら着られますし、

コットンなので夏の暑くなる手前まで、着ていられるもの。

洗濯機で何度も洗ってしまい、ボロボロになってしまったものもあるのですが、

その風合いは今の新品には絶対にないものなので着てしまいます。

いくつあっても足りないくらいです。



本日はアンティークルームに入荷したとっておきの2枚をご紹介します。

まずは通称前Vと言われるスウェット。
前身頃にV字にリブになっています。

ピンクの霜降りになっている所が珍しく貴重。


裾や袖口もご覧の通りです。


スタッフが着用してみました。

フランスワークパンツを合わせました。

カジュアルダウンしすぎないように、

足元はポインテッドトゥのパンプスで引き締めて。


お次はプリントスウェット。


アメフト柄のスウェットはジュニアサイズになります。


Championのランナーズタグ、

通称ランタグと言われる1950年代の貴重なスウェット。


こちらも着用してみました。


一昨日のブログに掲載したワンピースの上に重ねて。

スカーフやイヤリングでシンプルに。


こちらも足元はグリッターのヒール。


是非とっておきのヴィンテージのスウェットを取り入れてみてくださいね。 



HAIGHT&ASHBURY
03-5453-4690
haight.info@gmail.com