2014年3月21日金曜日

WHAT'S VINTAGE?

WHAT'S VINTAGE?

皆さんにとってヴィンテージとは何でしょうか。


ヘイトアンドアシュバリーは、

メンズ、レディース、アンティークと3つのフロアで構成されていますが、

年代問わず多種多様なヴィンテージを扱っています。

手にしたヴィンテージが一体いつの年代のもので、

前の持ち主はどんな方だったのだろう。

このブログをご覧の皆さんは、

きっと一度は考えた事があるのではないでしょうか。



この100年でファッションは随分と変化を遂げました。


ポールポワレがコルセットから解放したアールデコの時代、

ココ・シャネルが固定概念を覆すような新しい女性のファッションを切り開き、

1947年のクリスチャンディオールのニュールックの登場で

第二次世界大戦後、華やかなスタイルが溢れます。

その後はスタイルの異なるピエールカルダンやクレージュのモッズスタイル、

そして60年代から70年代は、

確実に音楽とファッションは切り離せない関係になり、

バブルの時代へ突入。


もちろんこれだけではありません。

ファッションとは大きな流れを軸とし、

どの年代にも多種多様なユニークなものが沢山溢れています。

素晴らしく美しい装飾品や、

一見ぎょっとするような珍品や悪趣味なもの、

どこか滑稽でも愛おしく見えてしまう物も。


今まで見た事のないようなものに出会い、

時代背景を匂わせるようなデザインは、

ありふれた"カワイイ"の一言では済まされずに、

いつまでも私たちを魅了します。


そんな貴重なもの達を年代問わず”骨董品=アンティーク”として扱いたい。

10年経っても20年経っても50年経っても価値のあるものを、

確かなものとして皆様に手にとっていただきたいと考えています。


一般的にファッションの世界では、

アンティークとは100年前のものという認識があります。

しかしアンティーク=100年前という定義は

もはや古い考えなのかもしれません。


これからアンティークルームでは、

新しいファッションの風を皆様に感じて頂ければと思います。


本日3月21日より、

アンティークルームの一角に登場するヴィンテージはこちら。

今までのようにレディースファッションのものだけではありません。

性別もジャンルも年代も問わず、

ひとつひとつに思いを込めて、皆様にお届けします。

素敵なヴィンテージに出会えますように。


HAIGHT&ASHBURY
03-5453-4960
haight.info@gmail.com