2013年1月16日水曜日

レースのボンネット

本日ご紹介するのはレースのボンネット。

ハンドメイドの温もりと、繊細なレースの儚さが漂います。


ひとつひとつ丁寧に編まれている事 、今までこうして残っている事に

感動を覚える逸品。







 こちらは黄色に黒いリボンの色合わせやタッセル、編み方など

100年前にこれを作った人の性格がなんとなくにじみ出ている様な気がします。

きっと人と一緒じゃつまらない!

なんて思っている人だったのではないかなぁと勝手に妄想しています。





同じように作っても、この雰囲気は時間が経たなくては出ないもの。

アンティークの良さが詰まったアイテムです。

是非現代のファッションに取り入れてみて下さい!