2011年11月8日火曜日

新着コート


暦の上で本日は立冬。山茶花の咲く季節です。

偶然にも今朝はぐっと気温が下がり、

本当に冬の足音が聞こえてくるような気がしました。

気温が下がって来ると、

「お洒落は我慢」という言葉をよく聞きますが、

実は「お洒落は活力」なんじゃないかな、と思ったりもします。

 好きな服を着たり、コーディネートを考えてわくわくしたり、

そんな些細な事が、意外と生活の中に潤いや温かさを

感じさせてくれると思います。

どんなに寒くてもお洒落はしていたい。

やせがまんして無理をする訳ではなく、

今日の自分の為のおいしい食事と同じような事なのかもしれません。


立冬にふさわしく、本日は素敵なコートが入荷しています。

まったく違うタイプの3着、

袖を通しただけでなんだか冬が待ち遠しくなるような

素敵なコートが揃いました。


1950sのクラシカルなコート


立ち上がったミンクの襟がなんともエレガント。

大きなクルミボタンがポイントに。

厚手のウールでない為軽く、シルクの裏地で着心地も抜群です。

 プリンセスラインのツィードコート


 短い丈がキュートな印象。

ベルベットの大きな襟がアクセント。

ワンピースのようにも見える、

可愛さと温かさを兼ね備えた一着。


 タキシードジャケットの様なマニッシュコート


 軽くはおるだけでかっこいい。

あえて黒ではなく、深い紺色が上品。

 細部まで凝ったデザインで洗練された印象、

ガーリーなワンピースにも合わせてみたい、
  
コーディネートのまとめ役。



 ヴィンテージコートで冬支度を楽しんでみてはいかがでしょうか。

店頭でおまちしております。