2011年9月13日火曜日

アンティークキルト



昨夜は中秋の名月、見事な満月でしたね。

帰り途中、あちらこちらに月を眺める人たちがいたり、

スーパーによったらお団子が売り切れていたり‥‥

まだまだ暑い日は続いていますが、

いよいよ秋が深まっていくんだな、と感じる夜でした。

風情があっていいですね。

だんだんと涼しくなり、夜が長くなって行く‥‥

秋の夜長はゆっくりと家で過ごすのも良いものです。

本日ご紹介するのは、家での時間をきっと素敵にしてくれる、

秋色のアンティークキルト。



落ち着いた色目のシルクの生地を

ランダムにパッチワークして、

さらに刺繍で飾り付け、

さらに手書きで絵が描かれている箇所もあります。

刺繍された部分をよくよく見ていくと、


そしてなんとこちらのキルトは1885年に作られたようです。

パッチワークの仕方も、刺繍の仕方も、

思わず笑みがこぼれるような素敵なキルトです。

状態も奇麗なので、壁に掛けるだけでも雰囲気がでるとおもいます。


季節の変化とともに、

家の中も少しだけ衣替えしてみてはいかがでしょうか?