2010年5月21日金曜日

ブラックトップス


今日ご紹介するのは
 
ビーズ刺繍が美しい1920年代、シルクのプルオーバーブラウス。
 
細身のパンツをすっきり合わせて
 
大人の女性に着こなしていただきたい上質なブラウスです。
 
シルクシャンタンなど光沢のあるボトムを合わせれば
 
二次会パーティーなどのセミフォーマルシーンにも対応可能です。

 
 

もう一着ご紹介したいトップスはヴィクトリアンのシルクジレ。

コンパクトでタイトなシルエットはボリュームのあるスカートにぴったりです。

夏には一枚でノースリーブトップスとして

秋冬にはベストとして重ね着にも使えます。

 

そして、このジレを使ったパーティースタイルがこちら。

銀糸を織り込んだジャガードのマキシスカートとの組み合わせで

エキゾチックなコーディネートになりました。

浅いVネックには同じく銀糸を使った刺繍の付け襟を。