2010年4月10日土曜日

ヴィクトリアン・ロザリオ

  

今日ご紹介する19世紀のアンティークロザリオは

前回のアメリカ買付けの折に見つかった品。

これ程までに古い年代のロザリオは

今まで入荷したことがありませんでした。

      

ロザリオは、カトリック協会で

お祈りの際に使用する数珠のことで

十字架のモチーフが多く使われます。

本来は手で手繰って祈るもので、

首にかけることはしないそうです。

 
 
 

真珠貝を削って作られた大振りな玉と

この時代の特徴である非常に細やかな線条細工が

見事な仕上がりになっています。

 

 

 

博物館や美術館でガラス越しに眺めていたような品を

間近で見られることはあまりないと思いますので

是非ご覧になりにいらして下さい。