2010年4月6日火曜日

レースアップブーツ


 
今日ご紹介するのはヴィクトリアン・ブーツ。
 
白いコットンで作られた夏用のブーツです。
 
  
 
そもそも紀元前のギリシャ時代に、
 
周囲の環境から足を保護する目的で
 
毛皮などを巻きつけたものがブーツの発祥だと言われています。
 
 
  その後15世紀後半からは
  
騎士の靴として乗馬のために広く用いられ、
  
更に18~19世紀には
   
軍隊で乗馬用として支給されていたブーツが貴族の間に広まり、
    
当時はブーツが高い身分の象徴としても機能していたようです。 
   
  
この頃までは女性がブーツを履く習慣はありませんでしたが、
   
 フランスで上流階級の女性が
  
ファッションとして短い丈のブーツを履く様になったのがきっかけで
 
一般的にも広まったと言われています。
 
 

 

 

 
 
アーモンドトゥとドレッシーなストレートチップ。
 
  
  
 
スタックのキューバンヒール。   

 

少しのダメージはありますが比較的コンディションが良く、

サイズも小さすぎないので

是非ご来店の上、お試しになってみて下さい。