2009年2月27日金曜日

プリントワンピース2

先日に引き続き、
 

 プリントが際立ったワンピースをご紹介していきます。

 
 

パフスリーブと赤いボタン、オレンジの葉っぱ柄の
 

 シルキーで軽い素材のワンピース。
 

 ウエストを絞った綺麗なラインなので
 

 一枚でさらっと着たいですね。
 
 
 
 
 
 


 まるで鉛筆デッサンのような珍しいタッチのプリントです。
 


 ビビットカラーの太ベルトやパンプスを差し色に
 


  思い切ったハードなコーディネートを楽しんでも。
   
   
   
   
 

 
大きく開いた襟元は控えめなスカラップ、
 


 スカート部分はボリュームたっぷりのティアード仕様。
 


 裾を取り巻いた花柄は、
 


 手描き風のラフなタッチが陽気なイメージです。
 

   


 
 


 
一見ストライプのようですが、よーく見るとチェックです。
 

ストンとしたシルエットなのでそのまま着たり

 

ベルトで絞ったり

 

色んな楽しみ方ができそうな一枚です。
 
 
 
 
 
そして昨日このワンピースを使ってトルソーを作ったところ・・・

 

早速お客様の目に留まり、Soldになりました。

 

 

 

 

 

アンティークやヴィンテージは、どれも基本的に一点物ですので

 

もし、ブログをご覧になられて気になった物がありましたら

 

早めにお問い合わせ下さいませ。

2009年2月26日木曜日

ミックス・スタイル

年代やテイストが異なる様々なアイテムを組み合わせた
 
ミックスコーディネートです。
  
 
ストールのように巻いたのは、
 
ヴィクトリアン時代のドレスの一部だったと思われる
 
シルクの古布です。
 
シャーリングが施された箇所やビーズ刺繍のワンポイントも。
 
 
ブラウジングして 中に着せたのは、
 
プリントとスモッグ刺繍、タッセルなど可愛いポイントが満載のレーヨンナイティ。
 
ゴールドのメッシュコートはイタリア製。



 
パンツは、細かい刺繍とカットワークが
 
バランスよく配されたコットン製。
 
お花モチーフなのに甘さひかえめなのは
 
全体のシルエットでしょうか。



おまけの写真はいつものように、レジ横に活けたお花。 

2009年2月25日水曜日

ヴィンテージ・マリン

人気のマリンテイストのアイテムを
 
まとめてトルソーを作りました。
 


グレー地にネイビーのライン、オレンジのワンポイント

というカラーリングがたまらなく好き過ぎて

このトルソー後ろ向きに飾っています。

 




羽織った1950年代のカシミアカーディガンは、

テーラードカラーとハンドステッチ風の刺繍が

マニッシュで新しい感覚。

足元のトリコロールのレザーシューズで

ヴィンテージ・マリンの完成です。

2009年2月24日火曜日

春のパーティースタイル3

今日ご紹介するのは、

いつもとは少し違った提案も含めたパーティーコーディネートです。


 
1960年代のレースのミニワンピースに、
  
エナメルパンプスとかごバッグという
 
ちょっとカジュアルなパーティー向きのスタイル。
 
イメージとしては、お昼間のガーデンパーティーなど。

 
 
 
 
 
 
こちらも、ドレスではなくニットのトップスとミニスカートの
 
少しくだけた組み合わせ。
 
ニットに施されたスパンコール刺繍と
 
モアレ地スカートのフリルで華やかさはしっかりあります。
 
黒で引き締めた小物類で全体をスタイリッシュにまとめました。


 
 
 
 
 
 
 
 
そして最後は、
 
パープルの濃淡が美しい正統派パーティードレスです。
 
それだけでインパクトのあるドレスなので
 
小物はあえて色味を足さずにゴールドでシックに。
  

2009年2月23日月曜日

かわいいお嫁さん



なんとも繊細なタメ息の出るようなヴィクトリアンレース。
 
この春にご結婚されるというお若い二人が
 
アンティークのウェディングドレスを探して来店されました。
 
花嫁さんはとても小柄な方で
 
なかなかサイズのあうものがなかったのですが、
 
服飾の専門学校を卒業されているカップルなので
 
彼がサイズを詰めてお直しして下さることに。



ペチコートやグローブ、ヘッドドレスまで

一式揃えてかわいいお嫁さんが完成しました。
 
挙式の日が待ち遠しいですね。

そして、この幸せが末永く続きますように。  

2009年2月21日土曜日

プリントワンピース

春らしいやわらかく軽い素材のワンピースが入荷しました。
 

フェミニンなフラワープリントですが 
 
ブラウンベースなので甘さが抑えられています。
 
独特のとろみのある質感が魅力のレーヨン製。
 
ビビットなターコイズブルーのカーディガンなどを
 
羽織ればインパクトのあるスタイルになりそう。
 
 
 
 

同じくレーヨン製のワンピース。
  
抽象化されたカラーモチーフのプリントと
  
不思議な地色がマッチしています。
  
ボリュームを抑えた細身のシルエットなので
  
さらっと一枚で着ても素敵ですね。
 
 
 
 
 
 

1950年代のナイロンサッカー地。
 
シースルーなので中に着るもので表情が変わります。
 
このワンピースを使ってコーディネートを考えました。
 

この春注目のマリンテイストを取り入れ

インナーをボーダーに。
 
袖丈の短いビーズカーディガンで女らしさを出しました。
 
イメージとしては、
 
ヒールの高い華奢なサンダルにかごバッグ、
 
スカーフなどで髪をゆるく束ねて大きなサングラス。
 
大人っぽいデニムの着こなしがお勧めです。

2009年2月20日金曜日

晴れの日の・・・

 

この春から新しい生活がスタートするという方も多くいらっしゃるかと思います。
  
お子様のご入園、ご自身のご入学など様々な出発の日を
  
大きな希望と少しの不安を胸に待ち望んでおられることでしょう。
    
そんな一生に一度の記念すべき晴れの日には
  
 記憶に残る特別な一着をお勧めします。
    
素晴らしくコンディションの良い1950'sのリリィ・アンの白のスーツに
  
 春らしく明るいオレンジと爽やかなブルーを効かせた
  
フレッシュなコーディネート。
 
リリィ・アンがお好きな方にはたまらない逸品でしょう。
 
中に着たブラウスはスーツと同じく1950年代のレーヨン製。
 
よーく見るとなんとかかしのプリント。
   
ビーズ刺繍の配色がかなりお洒落です。
 

コーディネートの仕上げは

不織布のお花の付いた1960'sのローヒールパンプスで。

 

2009年2月19日木曜日

キルティングコート


キルティングの薄手のコートは
 
気温の変化しやすい今の季節にぴったりなアイテム。
 
しかもこんな絶妙な色あいの花柄なら、袖を通すのが楽しくなりますね。
 
中心を外した大きなボタンの位置にもこだわりを感じます。
 
合わせたのはボリュームのある新着のヘッドドレス。
 

モデルを務めてくれた彼女に見覚えのある方は、

かなりのアンティークルーム通?

 
お客様スナップにも登場してもらっていたマイコちゃんが
 
この度スタッフとして戻ってきてくれました。
 
独特の雰囲気を持った彼女の魅力が、
  
アンティークルームに新しい風を運んできてくれることを期待しています。

2009年2月18日水曜日

花畑カーディガン

春らしいお花の刺繍のカーディガンが入荷しています。

 

ヴィンテージには珍しくおそろいの色違い。

 



立体的な刺繍。ぷっくり丸いお花がかわいい。


 
 
 それぞれの色に合わせてコーディネートを考えました。


黒は、あえてレースのブラウスやお花のヘッドドレスをあわせて


思い切りガーリーに。
 

 
 


ネイビーには、パールの付け襟とリボンのヘッドドレスをあわせ


上品で華やかな印象に。 


 


 


グレーは、インナーもヘッドドレスもシンプルな黒をあわせ


シックにまとめました。


 


 


どの色も、ボトムをパンツにしたり


ミニスカートにしたりと、


様々なパターンで楽しめそうです。

2009年2月16日月曜日

春のパーティースタイル 2

まだまだ続くパーティーシーズン。
 
お洒落して集まるお友達と差をつけるには
 
一点物のヴィンテージにかぎります。
 
ロングのドレスも明るい色調なら重くなりません。
 

ドレスアップできる機会はそう度々ある訳ではないので

ヘッドドレスも思いっきり華やかに。
 


かわいらしいリボンモチーフドレスは

小物のアンティークビーズバッグや

シルクのグローブで引き締めて

大人のコーディネイトに。

2009年2月14日土曜日

お客様スナップ

白がお似合いのミチヨちゃん。
 
この日の新着だったレースのワンピースと
 
以前にお求め頂いたブラウスを合わせてご試着中。
 
このタイプのコットンブラウスは羽織りとしても使えて便利ですね。
 
ワンピースも気に入っていただきミチヨちゃんの元へ。
 
コットンレースのアイテムは、
 
他にも沢山入荷していますので
 
またご紹介していきます。

2009年2月12日木曜日

リネン

本日発売の雑誌『FUDGE』で
 
ヘイト&アシュバリーが紹介されています。
  

 
デニムとリネンの魅力という特集にちなんで
 
 新着のリネンアイテムをご紹介していきましょう。


 
 
 

 
まず、この季節に大活躍の大判ストール。
 
ドットとイニシャルの刺繍がかわいい。

 

 

シンプルなエプロンも重ね着に使えます。

 

たっぷりギャザーでボリュームのあるスカート。


 
ウエストのギザギザとステッチが効いています。

 
 
 
 
 定番のワンピースは、ノースリーブも


 
半袖も。




同号のスタイリングページでは
 
当アンティークルームの
 
ヘッドドレスが使用されています。

そして、この時のヘアを担当されたのが

1/26の『フラワープリント』でご登場いただいた

junさんだったという偶然に感動。