2008年9月29日月曜日

パーティーアクセサリー

1950'sのコスチュームジュエリーは
貴金属のジュエリーにも負けない魅力に溢れています。


大きく胸元の開いたパーティードレスには
ラインストーンのネックレスを。


 








大振りなブレスレットはグローブの上やニットの袖の上にも。

 







ラインストーンのイヤリングは、
ネックレスと組み合わせれば、よりフォーマルな印象になります。

 

2008年9月25日木曜日

鳥のブローチ

鳥をモチーフにしたピンブローチをまとめて出しました。

 

シックなものからかわいらしいものまで

  

いろいろなタイプの鳥たちです。





2008年9月24日水曜日

冬の白


HAIGHT&ASHBURYアンティークルームでは
 
一年を通して、コットンの白ものをご用意しています。
 
今回の入荷でも、ワンピース、スカート、ブラウス、ドロワーズなど
 
様々なアイテムが揃いました。
 

薄手のローンのもの、
 
レースや刺繍が施されたものなど。
 

 

季節に応じたコーディネートで白を楽しみましょう。
 
冬はニットやファーなど暖かなアイテムと組み合わせて。

2008年9月22日月曜日

ヴィンテージコート2

本日は、カラフルなAラインの別珍コートと、
  
ウールのチェックコートをご紹介します。









大きなボタンと、袖の切り替えがポイントのコートは
 
別珍なので角度によってニュアンスの変わるグレイッシュブルー。
 
 


 

 


 
 
 

存在感たっぷりの、鮮やかなピンクのフード付きローブは
 
冬空にドラマチックな色味を添えてくれます。
 
カラフルコーデにも、カジュアルにも。
 

 
 

 

 

 

グレーのチェックで、大きなボタンのロールカラー。

 かなり厚手でしっかりしたつくりになっています。
 
共布のマフラーが付いて、さらに暖か。


 


 


 

イエロー×ベージュのチェックは、

可愛らしさと大人っぽさが、程よいバランスでミックスされた

クラシックなシルエット 。

共のベルトでウエストマークすれば、また違った印象に。

2008年9月19日金曜日

お姫さま


昨日、motherのeriさんにご来店いただきました。


 


17日のコーディネートでご紹介したばかりのリボン柄のコットンワンピース、
 
 
カーディガンの中は、ちょっぴりセクシーなこんなデザインだったのです。
 
 
透き通るような肌のeriさんの背中に大きなリボン結び、
 
 
まるでリボンの国から来たお姫さまみたいでした。
 

2008年9月18日木曜日

アールデコドレス、その後

8/20の新着で、

『思わずため息が漏れるほどの美しさです』と

少々興奮気味にご紹介したこのドレス。

お電話での問い合わせなど、大きな反響がありましたが

昨日、こちらの大変美しい女性にお買い上げいただきました。


神戸から、半年に一度のペースで通って下さっている方で
 
メイクのお仕事をされています。
 
すらりとした長身に、ドレスがとてもよくお似合いで
 
ご試着された時には、本当に『思わずため息が漏れ』てしまいした。

2008年9月17日水曜日

ワンピースレイヤード

今日は、新着のワンピースをコーディネートでご紹介します。




赤いボタンがかわいい、フルオープンの半袖ワンピースに
リネンのアンティークシャツと、
フランスの古いオーバーオールを合わせました。




 
 
 
  
 
 
 
ウールのアンダーウエアの上にワンピースを重ねました。
足元は、ちらりと覗いたコットンドロワーズとブーツで。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
ワンピースとカーディガンのオーソドックスな重ね着。
半袖やノースリーブのワンピースも、
なにか羽織れば秋冬も活躍します。



2008年9月16日火曜日

ファー小物

コーディネートに取り入れやすい、リアルファーの小物たちが揃いました。

 
 
 ドレスの上に羽織っても、
 
カジュアルにデニムなどとあわせても様になる
 
ファーのケープは1950年代のもの。








アストラカンの帽子は、
 
ブリムのないトーク型とハット型
 
どちらも素敵です。
 
 




人気のある小さめの付け襟。

 
 
 
 
そして、こちら。一見バッグに見えますが...

マフにもなります。

 

 

 

最後に、ファーは一部にしか使われておりませんが、

マフつながりで、とっておきのスペシャルセットもご紹介します。

ヴィクトリア時代の、ベロアケープとマフ。

ケープに付いたポンポン部がファーで出来ています。