2008年11月20日木曜日

師との再会


L.A.在住のフレンチシェフ、ISHIさんにご来店いただきました。




  
ISHIさんとは、奥様が開いていらっしゃった京都のアンティークショップで

長い間お世話になっておりました関係で、

もう、かれこれ20年近くおつきあい頂いています。




 




今回、久々にお目にかかり

そのお変わりのなさには、驚かされました。
 
  
 
 

 
ISHIさんはもともと料理人でいらっしゃるわけですが、

バイタリティの塊りと申しましょうか、
 
それ以外にも様々な顔をお持ちです。
 
    
 
 

 
まず、デザインから作成までを手掛けられているオリジナルアクセサリー。
   
 

 
180年も昔の陶製のビー玉や、アンティークシルバーなど
 
こだわりぬいた素材を使い、もちろんすべてがハンドメイドです。

 
 


     
そしてもうひとつは、アンティークディーラー としての顔。
     
今でも、ローズボウルやフェアファックスの
  
フリーマーケットで出店されています。
              
お見かけになられることがありましたら、
 
是非お声をかけてみて下さい。
  
賑やかで豪快な大阪訛りで、楽しませて下さることを保証します。
 
  

   
 
 
  
 そして、
 
そんなISHIさんご夫妻の、L.A.の素敵なご自宅が
 
  
主婦の友社から創刊された
  
『LAスタイル/キッチン&ダイニング』という本で紹介されています。
    
  
 

 
 

この写真をみていると
 
朝、目が覚めると、すでにオーブンからはISHIさんの特性パンの良い香りが・・・ 
 
という幸せな思い出が蘇ります。 




ISHIさんご夫妻は、

社会に出たばかりで右も左もわからないわたしに

沢山のことを教えてくださった恩師でもあり、

いつまでもかわらぬ憧れの存在です。

0 件のコメント: