メンズコーナーはこちら
レディースコーナーはこちら

2015年4月2日木曜日

ヴィクトリアンのローンプリント(4/2)


本日はヴィクトリアンのプリントのローンのガウンをご紹介します。

元々はガウンではなくプルオーバーになったワンピースですが、

スカート部分のセンターの縫い目を解いて、

ガウンの状態になっていました。

年代はかなり古いもので、おそらく150年程経過しています。

来てみると形はやや不格好。

いつの時代か袖を直したようで、

左右同じ形をしていません。

前のボタンを閉めるとよくわかりますね。
レースなどの装飾が一切なく、

上層部の方の為のお洋服ではありません。

柔らかなコットンの質感に、

細かな模様がプリントされ、ストライプになっています。


ヴィクトリアンの総レースのキャミソールを合わせ、

グラデーションが美しいコサージュの素敵なヘッドドレス、

そしてセルロイドのネックレスをあわせました。


後ろは沢山のタックが入っています。


足元はバイカラーのシューズを合わせました。


それでは本日も皆様のご来店をお待ちしています。


HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instagram:@haight_tokyo

2015年4月1日水曜日

ディオールと私(4/1)


本日から4月。

東京は桜も満開です。

今日から新しい生活を始める方も多いのでは。

パリっとしたスーツに身を包む新社会人を、

街中でちらほらと見かけ、

その度にこちらまで新鮮な気持ちになります。

昨日は友人とお花見をしました。


代々木公園は大勢の人で賑わっていました。

桜を堪能した後、

渋谷のBunkamuraで『ディオールと私』を見に行きました。

現ディレクターであるラフ・シモンズを中心とする、

アトリエのドキュメンタリーでした。

ラフの初めてのクチュールへの挑戦は

とても見応えがありました。

オートクチュールの世界にはなかった斬新な切り口、

ラフの要望にの職人が応えようとします。

中でも興味があったのはデザインソースとなる

アイデアをテーマごとにまとめたもの。


いままでの今までのディオールの作品が並べられていました。


今までのクリスチャンディオールの匂いをそのままに、

新しいカタチを作り上げる事、

歴史あるビッグメゾンの中で計り知れない恐怖との戦いでしょう。

幾度となる妥協なき挑戦は、以前もブログで書かせて頂いた、

シャネルのオートクチュールのアトリエを思い出しました。


ハラハラとするドキュメンタリーでした。

是非ヴィンテージがお好きな方には見て欲しいです。

まだ上映中ですので、是非ご覧になってくださいね。


Christian Diorが誕生した1947年、

その当時の"ニュールック"スタイルのドレスをご紹介します。

"フィットアンドフレア"のシルエットが斬新だったこの時代。

クリスチャン・ディオールが世界にどれだけ影響を及ぼしたのか、

この時代のドレスを見れば一目瞭然です。


ウエストは細くフィットし、裾に向けてふわりと弧を描きます。

女性たちはいつもこの形に魅了されていたのでしょう。

オープンカラーで強く女性らしい形。

足元も50年代のパンプスを合わせてクラシックに。


バッグは昨日のブログでご紹介したもの。


こちらのバッグも入荷しました。

Christian Diorのレザーバッグ。

真っ黒にゴールドの華奢なチェーンで品があります。


それでは本日も皆様のお越しをお待ちしています。


HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instagram:@haight_tokyo

------------【メンバーズ様へお知らせがございます】------------

2015年3月31日火曜日

バッグ(3/31)


本日はバッグをご紹介します。

木目の切り替えが個性的なバッグです。

薄くスライスしたようなものなので、

重厚感のある見た目とは異なり、とても軽いバッグです。


横から見ても素敵ですね。

お次はやや小さめのアイボリーのバッグ。


金具がゴールドなので、品があり落ち着いています。

続いてグレーのバッグ。

台形の形がありそうでなかったデザインですね。


続いて黒のバッグ。


がま口の金具がルーサイトになっています。


最後にこちら。


ベージュのバッグは切り替えがポイント。


カジュアルな装いに合わせたいですね。

是非店頭でご覧になってくださいね。

それでは本日も皆様のご来店お待ちしています。

HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instagram:@haight_tokyo

------------【メンバーズ様へお知らせがございます】------------

2015年3月30日月曜日

Valentinoのガウンとパンツ(3/30)


本日はガウンとパンツのスタイリングをご紹介します。

涼しくなると白を身につけたくなります。

ドットの生地が素敵なガウンはValentino

パンツをハイウエストにたくし上げ、長めのベルトで結んで。

ゆるくドット模様のガウンを羽織りました。


ガウンには前端にレースが施されています。





ストライプの生地でただの白でない所もポイント高い。

ボタンのサスペンダーを付ける事も可能です。

決してよいコンディションであるとは言えないのですが、

何度もお洗濯をして柔らかくなったコットンの手触りは、

ヴィンテージならではの風合い。

前立てをめくると、しっかりとストライプの生地が出てくるので、

全体的に色落ちしている事が分かります。


トップスは真っ黒なシルクのタンクトップでシンプルに。


レザーシューズも黒で統一。


是非店頭でお試しになってくださいね。


今日はお天気もいいので、

是非お花見がてら遊びにいらしてくださいね。

それでは本日もお待ちしています。

HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instagram:@haight_tokyo

------------【メンバーズ様へお知らせがございます】------------

2015年3月29日日曜日

Pink Dress (3/29)


本日もピンクフェアーなので、

昨日に引き続き、本日はドレスをご紹介します。

まずはロングドレス。

ネグリジェのようにゆったりと縦に長いシルエット。


ピンクの袖はちょっと変わったディティール。

大きく広がるドレープを1つにまとめたようなユニークなデザイン。


袖をめくるとスクエア型にステッチが叩いています。

裾は均等な幅で裾をぐるりと一周ステッチ。

お次はミニドレス。


総レースのドレス。袖がシースルーになっています。

リボンで結んでいます。

頭にはお花のヘッドドレスを添えて。


アクセサリーはつけ襟とラインストーンのイヤリングです。 

足元もシルバーのパンプスで小物に統一感を出しました。


お次はこちら。


60年代のビーズドレス。

シルクのシャンタンが美しい光沢を放ちます。

胸元にはびっしりとビーズの刺繍。


ヘッドドレスはベルベットのリボンがポイント。


透明なビーズのイヤリングは、どんなドレスにも合わせられて万能


足元も黄色でカラフルに!


ピンクのパンプスもありますよ♡


それでは本日も皆様のご来店をお待ちしています!

HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instagram:@haight_tokyo

------------【メンバーズ様へお知らせがございます】------------