メンズコーナーはこちら
レディースコーナーはこちら

2014年10月26日日曜日

LEVI'S TAG PIN (10/26)


"BING CROSBY"のLEVI'Sのジャケットと言えば、

ヴィンテージ好きな方はご存知なはず。

1951年代に世界でたった201枚だけ生産された、

特別なリーバイスのジャケットの事。

※もしや!と心躍らせた方には先にお伝えしておきますが、

ジャケットの入荷情報ではありません。



アメリカで有名な歌手であり俳優でもあったクロスビー。


今も尚、クリスマスシーズンになると、

日本でも街中にはビングクロスビーの歌が聞こえてきます。

名前を知らなかった方でも、

きっと一度は歌を耳にしたことはあるはずです。




彼がとあるカナダのホテルに向かった所、

全身デニムの服装でカジュアルな装いとみなされ、

入館拒否をされます。


それを知ったリーバイスが

どんな高級ホテルでも絶対に入れるように、

彼の為に作ったデニム製のテーラードジャケットがこちら。

内側のレザーパッチには、

ホテルマンに向けたメッセージが書かれている程。


それがこの彼が着ているジャケットであり、

リーバイスから贈呈されたものなんです。


実は今年、リーバイスから復刻が出た事が少し話題になりました。

それも当時と同じ201枚の限定生産。

既にレアになっているのではないでしょうか。


実は5~6年程前、ヘイトには一着このジャケットがありました。

正直とても手の出る価格のものではありません。

このジャケットの値段以上のものをヘイトで見た事がない。

購入して下さった方も探して探して、

ようやく出会う事の出来た一着だったそうです。


ここまでジャケットの話しをしておいて言うのもなんですが、

先程申し上げたように、

今回ご紹介するのはジャケットではありません。


大きなラペルが存在感たっぷり、

そこにちょこんと付いた胸元のコサージュ。

お店で何度も目にしているうちに、

とてもかわいいなと思っていたので、よく覚えていたのですが、


まさかまたお目にかかれる日がくるなんて。

しかもバッチのみ!



ジャケットはもちろん大変貴重なものなので、

この先出会えないかもしれませんが、

これもなかなか無い出会い。


タグを並べて、リベットを付けてただけなのに、

なんて斬新で粋なはからいなんでしょう。

真っ赤なコサージュがデニムに彩りを添えます。
もちろん、昨日のブログでご紹介したように

レザーのジャケットに合わせても◎


ピンを通さず、ボタンをうまく使っています。


ちょっとだけ洒落を効かせてみては?

それでは本日もご来店お待ちしています。


HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instergram:@haight_tokyo

2014年10月25日土曜日

PERFECTO by Schott Leather Jacket(10/25)


土日でレディースフロアはアウターが多数入荷しています。

アンティークではとっておきのアウターをご紹介します。

1960's頃のレザーライダースジャケットです。


"PERFECTO by Schott"のレザーのライダースです。

ライダーの為に作られているものですが、

腕が細めに作られており、ややタイトなシルエットになります。

なかなかお目にかかれないはず。


ヴィンテージならではのレザーの風合いが出ていますね。

キルティングのライナーは中綿がやや少ないので、

中にスウェットのパーカーやニットも着込めるはずです。


TALON製のジップは通称"デカタロン"と呼ばれるもの。

こうして近くで見ていると、裾や袖口の色落ち加減などの、

決してよいコンディションと言えない箇所も、

リペアしながら、自分で皮を大切に扱うことで、

愛着が湧いてしまいそうです。


スタイリングではヴィクトリアンのローンのブラウスと、

1950'sのキルティングスカートを合わせました。


レザーのジャケットには、こちらの真っ赤なバッチを添えました。

こちらもなかなかスペシャルな逸品なので、

明日のブログで詳しくご紹介します。


キルティングのスカートは、ボックスプリーツのように畳まれ、

たっぷりとした生地使いが50'sらしいですね。


真っ赤なスカートには黒で小さなお花の模様がプリントされています。

ウエストはヤマミチテープの施しがポイントになっています。


足元はエナメルのローファーに白ソックスで清楚に。

こちらの他にも沢山入荷中ですので、

皆様のご来店お待ちしています。


HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instergram:@haight_tokyo

2014年10月24日金曜日

シルバーアクセサリー(10/24)


本日はシルバーアクセサリーをご紹介します。

シルバーアクセサリーと言えば何だか夏を想像しますが、

カシミアやモヘアのセーターの袖口から、

ちらりとのぞくシルバーのアクセが意外とかっこいいものに。


まずはこちらのバングル。

細工の凝った1950'sのバングル。


こちらはシェルのシルバーリング。


こちらは赤珊瑚やターコイズの組み合わせ。


そして特に充実しているリングもたっぷりご紹介します。

ターコイズからシェルなど素材も様々。


小さなリングは間接付けにおすすめです。

是非お試しになってくださいね。



それでは本日も皆様のご来店お待ちしています。

HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instergram:@haight_tokyo

2014年10月23日木曜日

フォークロアワンピース(10/23)


本日はフォークロアワンピースをご紹介します。

こっくりと深いエンジが季節にぴったり。

ファーブーツを履いて足元も暖かく。

ニットカーディガンにフォックスファーを巻いて。


一枚で着るとこのような感じになります。

胸元のチェーンステッチで描かれた模様も、

同系色なので遠目からみるとあまりわからないのですが、


紫のようなピンクにオレンジの刺繍が施されています。


それでは本日も皆様のご来店お待ちしています。

HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instergram:@haight_tokyo

2014年10月22日水曜日

YVES SAINT LAURENT COAT(10/22)


本日は"YVES SAINT LAURENT"のコートをご紹介します。


たっぷりとした生地使いでふんわりAラインシルエット。


くすんだダスティなパステルカラーに、

ブラウンのレーヨンのスカートを合わせ、

色のコントラストを楽しんで。


首周りからギャザーが寄せられ、

たっぷり広がるようなシルエットになっています。


横から見てもかわいらしいシルエット。袖の膨らみも◎


背中にもたっぷりギャザー。


アニマル柄のプリントバッグではずしました。


以前ご紹介したスタイリングでも羽織って一枚撮ってみました。

タイトスカートに合わせるのも◎

細身のパンツも似合いそうですね。

是非店頭でお試しになってください。


HAIGHT&ASHBURY
Twitter:@haight_tokyo
Instergram:@haight_tokyo