2018年7月22日日曜日

1920s Room wear(7/22)




昨日のブログに引き続き、

アンティークのルームウェアーをご紹介します。



このワンピースは色の印象が強いので、

パッと見たときにアンティークと結びつかないかもしれませんが、

1920年代〜30年代頃のルームウェアーです。


このワンピースが生成りで

胸元のリボンがペールトーンのピンクやブルーだとしたら、

きっと想像がつくのではないでしょうか。



炎天下の中で着るコットンワンピース。

夏だからこそビタミンカラーで

元気の出るものをチョイスしてみては?

足元は深くデニムを織り込んで、

レディースフロアからTevaのサンダルを拝借しました。


胸元には水兵さんのウッドブローチを添えて、

色のコントラストを付けて。


ちなみに久々にこの場所に向かったら、

猫じゃらしがぐんぐんと育っていたので、

びっくりしてしまった私達。


思わず猫じゃらしを手に取りにっこり。


お天気に恵まれている証拠ですね。笑


さあ、今日も暑い一日になりそうです!

おでかけの際はくれぐれも熱中症に気をつけてください。


広い店内でゆっくりとご覧いただけるように

涼しくして皆様のお越しをお待ちしています。


HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------
Web http://haightandashbury.com


HAIGHT & ASHBURY

2018年7月21日土曜日

1930s-1940s silk room wear(7/21)



猛暑が続いていますが、

涼しく一枚で着られる、

ランジェリーのワンピースをご紹介します。


優しい色合いがキュートなレーヨンとシルクのルームウェアーです。


まずは1930年代頃のワンピース


ゆとりのあるサイズ感ですが、

バイアスのカッティングによって生まれたフォルムが

ボディラインを美しく見せてくれます。



ランジェリー感を補う為にはアクセサリーが重要。

手元にはカットの美しいZUNIのバングルとリングを添えて。


ジミーチュウのサンダルはシェルがキュート。

続いて小花柄のオールインワン。



とろみのあるレーヨン。

涼しく着られるのでおすすめです。


後ろはサテンのリボンをキュッと結んで。


どちらも胸元のリボンが可愛らしいですね。


是非デイリーに着てみてくださいね。

今日も暑い一日になりそうなので、

熱中症に気をつけてお出かけください。


それでは本日も皆様のお越しをお待ちしています!



HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------
Web http://haightandashbury.com


HAIGHT & ASHBURY

2018年7月20日金曜日

ストーリー掲載アイテム(7/20)



毎日アンティークブログをご覧いただきありがとうございます!


 インスタのストーリーでは突然入荷することもあり、

毎日なにかしらブログには掲載していないような商品もあるので、

是非こちらもご覧ください。

https://www.instagram.com/haight_tokyo/





こちらのレースのブラウスはトルソーに着せました♡


さらにこちらのビーズパースもストーリーに掲載していました。


ショルダー紐が長いタイプです。

パーティーだけではなく、

Tシャツにショーツなどの装いにもおすすめです。

 

毎日のようにお品出ししていますので、

店頭にお越しの際はじっくりご覧ください。


さて土日の目玉アイテムはこちら!



どうぞお楽しみに!

それでは本日も皆様のお越しをお待ちしています。


HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------
Web http://haightandashbury.com


HAIGHT & ASHBURY

2018年7月19日木曜日

Silk dot apron(7/19)


本日はオーガンジーのドットエプロンと

ブラウススタイリングです。

白にフロッキープリントのつぶつぶ。

ピンドットは少女らしいアイテム。

ちょっとチープな雰囲気が、

乙女心をくすぐるアイテムですね。


そのままラブリーに白いフリルのブラウスに、

ティアードのスカートに合わせても素敵ですが、

さりげなく取り入れるスタイルを提案します。


ネイビーのブラウスはガラスボタンのレーヨンブラウス。

カットワークで透け感が強いアイテム。

セルロイドのネックレスがヴィンテージ同士

溶け込みます。


絵にかいたような大きなバスケットは40年代頃のヴィンテージ。

淡いベージュピンクに黒が効いています。





デニムは深めに折り込んでピンクのフラットシューズ。



それでは本日も皆様のお越しをお待ちしています。

HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------
Web http://haightandashbury.com


HAIGHT & ASHBURY

2018年7月18日水曜日

1964s Barry Goldwater(7/18)



くっきり年代が刻まれたワンピース

"GOLDWATER '64"



買い付けで見つけた時に、

なんてモダンな雰囲気なんだと即カートへ入れました。


そこへディーラーの元気なおばあちゃんが、

『大統領選挙の候補者よ、彼はハンサムだったわ!』

と教えてくれました。


私は存じ上げていなかったので、

"ゴールドウォーター"という文字を見て

恥ずかしながらも、何かの販促用なのかと思ってしまいました。


その年の選挙について少し調べてみました。


彼がバリー ゴールドウォーター

なるほど、確かにイケメンですね。



63年に起きたケネディの事件により、

アメリカは絶大な指導者を失うことになりました。


選挙はその翌年のことなので、

当時はかなり白熱した戦いとなったそうです。
※詳しくはウィキペディアをご覧ください


支持者のファッションがとにかくキュート。


大きなギンガムチェックのサロペット

大きなフリルの襟にゴールドウォーターの文字。




缶バッチは沢山ありました。


プリントではなく織り生地なので反物で存在していたはず。


そう思うとこのワンピースの作りは、

きっとおそらくこの一着ではなかったと思うので、

支援者たちの並んでいる写真が

出てこないかなと思って検索していました。



彼は立候補当時は人気のある支持者でしたが、

1964年11月3日に行われた投票では惨敗してしまいます。



「私は、自由を守るためなら過激であることには

何ら欠点が無いことを思い起こさせてみせる。

正しさを追い求めるのに中庸であることは、

美徳ではないことも思い起こして欲しい」


ゴールドウォーターの言葉です。



どんな政治家だったかという記事も沢山存在しますが、

98年で亡くなってから20年が経ちました。


現在のトランプ政権と彼が似ているというので、

比較された記事も出てきます。


政治家としての良し悪しの判断は、

選挙があって、ひとりひとりが支持者を選ぶように、

私たちには選ぶ権利があり、自由です。


ポップにご紹介したいところですが、

実はなかなかシニカルなワンピースです。

繊細な政治背景を含む一枚なので、くれぐれもご注意を。


まっすぐに向き合って着るとしたら一枚でさらっと腕を通してみては?



トレードマークであるメガネで彼に敬意を示して。



ハットは20年代のアンティーク、

40年代〜50年代頃のメガネを合わせました。



何がかわいいかどこが素敵なのか服の魅力を

伝えることも大切ですが、

何のために存在していたかどうかを

まず知ってもらいたい一品でした。


袖を通すからにはせっかくならば自分の意思を通じて纏い、

そしてそれは目に触れるのは自分自身よりも、

一歩外に出た瞬間に人の目に触れるものです。


女性ファッションの歴史は、常に政治と隣り合わせ。

今でこそ独立してファッションだけの世界で

流行り廃りがありますが、

(そうではない部分ももちろん存在します)


コルセットの開放や、

女性がパンツを履いたきっかけも、

どれも政治や情勢と隣り合わせで

常にファッションは革命を繰り返してきました。


どのブランドがこのシーズンに発表したもの!

その時にしか作られない、目的のあったワンピースは、

確かに立派かもしれませんし、

60年代のシャネルのドレスに巡り会えたら、

そりゃときめくでしょう。


けれどもっと当時の生活が見えるくらい具体性があって、

土臭い部分というのは、

やはり少なからず存在すると改めて思った特別な一品です。


シャネルのドレスのように当たり前のように

永遠に価値があり、

当たり前のように大切にされるものではなく、

その時でしか必要がなかったものです。


これが古着として出回ることの方が、

もしかしたらずっと奇跡に近いかもしれません。

(これだからヴィンテージはやめられませんね。)


連休中の目玉商品でしたので、

もっと早くにご紹介したかったのですが、

ブログを書く時間がなかなか取れずにいました。


店頭はもう少し詳しくお話出来ると思いますので、

気になる方はお声かけください。


それでは本日も皆様のお越しをお待ちしています!



HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------


HAIGHT & ASHBURY